残る3.7%の職業へ。

仕事・休日・趣味など毎日の出来事や、職業や勉強を通して世間に発信したいことなど、マルチに書いております。

最新車を物色② プリウスPHV


おはようございます。こんにちは。こんばんは。


読者登録が10人を超え、とても嬉しく思っております。いつも当ブログまで足を運んでいただきありがとうございます。



展示会物色記事第二弾です。
前回記事:最新車を物色① CH-R - 残る3.7%の職業へ。


今回の主役はなんとこちら。

プリウスPHV!何度でも言いましょう、最近のトヨタ、攻めてます。

しかしなんでしょう、第4世代のプリウスも攻めたデザインですが、全く主観的な意見でどうしようもないですがプリウスPHVの方が断然カッコよくないですか??

前者が第3世代のフロントマスクをキュッとすぼめたようなフロントなのに対し、後者はまた違うテイスティング。
フロントランプの造形がとてもかっこいい!
最近のトヨタの共通項に従ってグリルは大きめですが、これはすごくバランスよくマッチしているように感じます。この赤いカラーリングもスポーティーな感じでいいですね。


ところで、このボンネット、なんで両フロントランプをつなぐような形に線が入っているのでしょう?見た目的にはこの線、ない方がシームレスでかっこいいような。。


運転席を見て見ましょう。第一印象はいかがですか?私は「ナビでかっっ!」でした。この大きさは初めての経験でしたね。ガ○ダムのコックピットみたいだな…

全体的な質感はまずまず、価格相応といったところでしょうか?ステアリングの白い部分、これも賛否両論ではないかと。
白にするくらいならシルバー加飾くらい施してやった方がいい気がします。コストの問題なのでしょうが若干浮いてしまっている印象がありますね。


ちなみに今度は後席を撮り忘れました。スカポンタンですねー(*_*)

リアからのエクステリアもとてもかっこよかったので、興味のある方は是非ディーラーに赴いて物色して見てくださいね。


当方、SUVばかりに目がいきますがとりあえず新しいものにも目がいきます。
そんなわけで番外編的に登場したプリウスでしたがなかなか良く出来た車で、よく売れている意味がわかりました。

車種を問わずにいろんな車を見ていくと、また新しい発見があるかもしれませんね。




それでは短いですがこの辺りで失礼しますね。
ありがとうございました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。