残る3.7%の職業へ。

仕事・休日・趣味など毎日の出来事や、職業や勉強を通して世間に発信したいことなど、マルチに書いております。

あな恐ろしや、飛び石

おはようございます。こんにちは。こんばんは。


上の写真はLEXUS CT200h
今回は私の弟の乗るこの車に起こった悲劇のお話です。
みなさんもいろんな意味でスピードの出し過ぎは時と場合を選択しましょう…。



さて、さる先日弟は彼女を連れ名古屋へと出かけて行きました。
しかし1時間もしないうちに家に帰ってきたのです。お帰り!


何かあったのかと母が聞くとフロントガラスに飛び石があたりヒビが入ったとのこと。
高速域ではフロントガラスのヒビは大変危険な要素になりますから、弟がまず電話した担当者のとりあえず帰宅してくださいという指示を受け舞い戻ってきたようです。


野次馬根性で傷を見に行きました。

わかりにくいですが、画面中央あたり、小さなヒビが入っているのがわかりますね。


こんなんでもダメなんだなあ、と正直思っていました。
この後ビックリするんですが。




担当者が昼1で取りに来るということでそれまで待機していたのですが、30分ぐらいして仕事ついでにもう一度確かめに行った父が「ヒビが広がっている!」と言ったのでどういうこと?と思い再び野次馬根性で駆けつけます。
すると…

んおおおお!めちゃくちゃ広がってる!!!

こりゃそのまま名古屋行かなくて正解でしたね。
安静にしていてもここまで侵食してしまうものなのでしょうか。いやはや恐ろしい。。


ドライブレコーダーで飛び石の当たった瞬間を探して見ました。
それらしい場面はありましたが、大型のトレーラーの様な車が橋と道路をつなぐ「伸縮装置」を乗り越えた瞬間に車内にまで高音が聞こえたのでおそらくここで間違いありませんでした。


しかし車から飛び石が飛んで来るのが明確に見えてはいませんから、これだけでは相手側に責任をとってもらうことはできないそうです。
まあ致し方ありませんね。


事件当時弟が走っていた場所は二車線あるバイパスで、
60km/h制限でしたがその一帯では+10~20kmが常態化している様な場所での今回の事件でした。

スピードが過分に出ていなければ飛び石が当たっても軽微な傷で済むことから、相手も速度を出し気味で勢いよく石を飛ばし、弟もオーバースピードで勢いよく石にぶつかって言ったのだと考えられます。

しょうがないといえばしょうがないですが、やはり法定速度は遵守した方が自分のため、みんなのためなのでしょうね。
我が身も振り返るところでもあります。



ちなみにフロントガラスは全面交換、3日かかって帰ってきました。
かかった費用は約13万円でした。うーん高いのかよくわかりません。。



くれぐれも事故には気をつけたいですね。


それではこの辺りでお暇します。
ありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。