残る3.7%の職業へ。

仕事・休日・趣味など毎日の出来事や、職業や勉強を通して世間に発信したいことなど、マルチに書いております。

5年記念旅行⑦


おはようございます。こんにちは。こんばんは。


5年記念旅行シリーズもはや7記事目。文章力が乏しく少しずつしか書けなくて申し訳ありません。



さて、一行はキュルノンチュエを後にして当日の寝ぐらである高山観光ホテルに向かいます。
ホテルに着くまでの道にも所々にアジサイが。町の景観に一役買っていますね。


高山観光ホテルは高山市でも標高の高いところに位置しており、ホテルが近くなってくるとかなり急な坂道が続き「ここで本当にあってるのか?」と不安になるほどでした。


到着後ここであっているという確認が取れたので一安心。
とりあえず部屋に案内されます。

ホテルの部屋からは高山市の街並みが一望できます。なかなかいい景色!


高山市は結構大きな市街地ですが、樹木など自然が端々に共存している感じが好きです。それも並木とかじゃないレイアウトされていないような自然さ。


それにしても暑かったですね。やはり周囲を山に囲まれた地域だけあって夏は暑く、冬は寒い気候のようです。これぞ盆地!
寒暖の差が激しいので大変ですが、それだけ四季折々を感じやすくて良いのかな?とか思ったりしました。



さて、我々のお待ちかねは「夕食」です。
さっきからほんと食べ物の話ばかりですみません。
NO FOOD NO LIFE! なもので。
あ、みんなそうか。


1時間ほど部屋でゆったりしてから夕食が運ばれてきました。
私たちはいつもできるだけ部屋食を選択しています。お店の個室席より気兼ねなく二人だけで過ごせますからね。


夕食内容がこちら。

おーっ!おしゃれで風情ある品々が並んでいますね。
大食いの人には少し物足りないかなというボリュームですが、私も彼女も量より質タイプの人間ですのでご満悦。

彼女は岐阜に行くにあたり飛騨牛!飛騨牛!と何度も私に叫んで来ていたものですからお察しです。
夕食の飛騨牛のごましゃぶ、朝食の飛騨牛のほうば味噌焼、散策時の飛騨牛串と一通り飛騨牛を巡ったので彼女も満足してくれたのではないでしょうか?笑


写真左下のお椀を開けるとこんなのが。

かまぼこが魚の形にカットされてる!芸がこまかいですね。
まさか魚もすり身にされてからもう一度稚魚のフォルムとなって転生するとは思ってもいないでしょうから、輪廻というものは興味深いですね。


冷やし中華に天ぷら、そして名物鮎の塩焼き!全部食べられますがはらわたはちゃんと苦いので注意が必要です。
レパートリーが多彩、そしてどれもとても美味しかったです。
二人で美味しいものを食べながら過ごす時間、これぞ至福のひとときです。




さて、夕食も食べ終わり少し休憩してから温泉に行きます。
今回は時間指定予約の個室混浴温泉をプランに入れておいたので、二人で一緒に入ることができます。まあせっかく5年記念の旅行なのでこのくらいの用意はしておかないとですよね。


さすがに入浴シーンは写真を撮らせてもらえませんでしたが(笑)、ヒノキのいい香りがする広々とした浴槽で仲良く二人で入らせていただきました。いやー満足。



お風呂を出て部屋に戻ると程なく布団敷きの方がきて布団を敷いてくれました。
二つ敷いてくれましたが一つの布団で寝ました。
これまたお察しですね。笑







それではこの辺りで、翌日からは次の記事に続きます。
ありがとうございました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。