残る3.7%の職業へ。

仕事・休日・趣味など毎日の出来事や、職業や勉強を通して世間に発信したいことなど、マルチに書いております。

最新車を物色① CH-R



おはようございます。こんにちは。こんばんは。


7月の初めに毎年地元のあるところでやっている車の展示会?みたいなのに行って来たお話です。色々な車が見れて楽しかったですよ。


写真の通りいろんなメーカーの車がずらり。知る人ぞ知るような展示会なので人もそんなにおらず人目をはばかることなく運転席に座って見たりしました。
すでにBMWの納車を待っている身なので、セールスの方と話すのが申し訳なくて避けるように回ってました笑

一度油断していたら「何かお車買われる予定とかあります?」とセールスの方に聞かれてしまい、その方の、メーカーの車の運転席に座りながら「あ、いえ、もう契約しちゃって納車待ちなんです…」「あっ、そうなんですね…」となった時の空気はなんとも言えないものでしたね…セールスさんごめんなさい。冷やかしみたいに思われたら嫌だな、とか考えすぎでしょうか?純粋にそこに展示車があればどういったものか見たくなってしまいます。


そんなわけでかなり趣向が偏りますが写真を見ながら物色した車を振り返って見ましょう。


① トヨタ CH-R

こちらは前回記事で少し紹介しましたね。最近のトヨタ、攻めてます。いい色。安定志向からかなりチャレンジして勝負をかけてきたような感じですね。
好き嫌いの別れるエクステリアですが、万人受けで面白くないデザインよりは良いんじゃないか?と思います。


実用性はさておき私個人としてはまずまず(上からでゴメンなさい)。フロントの押し出し感が強くてインパクトの強いフォルムは好印象です。


きになるのはサイドフェンダー、無塗装の黒い部分ですが少し厚すぎるような…細く薄くの方が綺麗なサイドビューのような気がしますが耐久性なのか、どっしりがっちりのキャラクター演出なのか、これが私にとって好みが「好みでない」という方向に別れたわけですね。
とは言っても総合的にみてもカッコいい車ですから、道ですれ違ったりすると「おっ!あれは!」と声が出てしまいますね。笑

オプションかどうなのかはわかりませんが、今般のプレミアムブランドで採用されつつある「流れるウィンカー」があるのはいいですよね。シーケンシャルターニングライトっていうんでしたっけ?かっこいいな…

運転席を撮り忘れるというスカポンタンをやらかしました。すみません。。

こうして後席を見ると、割り切っているという辛口の評価が多い割にある程度実用に耐える広さは確保できているのでは?と思います。
後席ドリンクホルダーもちゃんと用意されているのはGOOD!弟のレクサスCT200h には付いてないですからね。どうしたレクサス。


街乗りSUV的な使用だったらそんなに不便は感じないのではないでしょうか。ただ、ドアインテリアの質感はややプラスチッキーかと。ソフトパッドに見えたところが硬くて少しびっくりしました。
そしてクーペルックの犠牲となった狭い窓、暗い室内くうkいんですよ、後席なんて。CH-Rからは万人受けなんてまっぴらごめんだぜ!というメッセージが出ているように感じます。



やっぱり車をまじまじと観察するのは楽しいですね。ついでに試乗、という展示会ではなかったので残念ですが、また機会があればディーラーまで赴いて走行フィーリングを確かめたいなと思います。



何車種かみたので一気に記事にしようと思いましたが、やたら長くなりそうだったので分割していくことに決めました。笑



というわけでこの辺りでお暇してしまいますね。
ありがとうございました(^ ^)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。